専門のお医者さんが治す、肩こり専門外来

肩こり専門外来
顎や顎関節に異常がある「噛みしめ」「歯ぎしり」「食いしばり」「顎関節症」からくる頑固な肩こりは、専門のお医者さんがいる当院にご相談下さい。

つらい頑固な肩こりに
専門の医師が治す「肩こり治療」

“肩こりの検査・治療”

肩こりボツリヌストキシン治療

安全性の高いFDA承認薬と
一般的で有名な厚生労働省承認薬
ボトックスによる治療

筋膜リリース治療

薬を使わず生理食塩水で
筋膜を丁寧に剝がす
アレルギーでも可能な
筋膜リリース治療

“肩こり外来を開設する理由”Message

肩こり外来を開設する理由

噛みしめ・歯ぎしり・食いしばり・顎関節症などは歯科口腔外科にとって一般的な疾患であり、後述する診断・治療を行っております。

顎や顎関節に異常がある、噛みしめ・歯ぎしり・食いしばり・顎関節症があると肩こりも併発している患者さんは多いことは経験していますが、逆に顎関節自体には形態学的な異常を認めず、肩こりが原因で噛みしめ・歯ぎしり・食いしばり・顎関節症を併発することも経験してきました。

「顎(アゴ)が痛む」「口が大きく開けられない」「顎を動かすと音がする」など顎関節周囲の症状を主としていますが、顎関節そのものには異常を認めず、肩こりが原因でそのような症状を呈することもあります。

このように、噛みしめ・歯ぎしり・食いしばり・顎関節症と肩こりは密接な関係があり、肩こりの原因が噛みしめ・歯ぎしり・食いしばり・顎関節症であったり、逆に噛みしめ・歯ぎしり・食いしばり・顎関節症の原因が肩こりであったりすることも少なくありません。

そこで、当クリニックに肩こり外来を設けて患者さんによりよい診断・治療を提供したいと考えております。

肩こりの症状、噛みしめ・歯ぎしり・食いしばり・顎関節症の症状

私たちの体にある関節のうち、骨がぶら下がる構造をしているのは「肩の関節」と「下顎の骨」。
人間の腕は、肩関節の周りにある僧帽筋や肩甲挙筋、菱形筋、といった複数の筋肉によって「吊り下げられて」います。顎の骨も側頭筋や咬筋、内外側翼突筋などの筋肉で吊り下げられています。

一般的な肩こりの症状は、首すじ、肩、そして背中にかけて張った、凝った、痛いなどの感じすることが多く、頭痛などを伴うこともあります。
「頭痛」「めまい」「吐き気」「集中力低下」「目の疲れ」「倦怠感」「腕や手のしびれ」なども、肩こりから生じる症状として現れることがあります。

一方で、噛みしめ・歯ぎしり・食いしばり・顎関節症の場合に顎の周りの筋肉が凝ったり痛いといった症状もありますが、筋肉の凝りよりは口が開きにくい、音がするなどの顎の動きに関する症状が多くみられます。また、「頭痛」「めまい」「吐き気」「集中力低下」「目の疲れ」など肩こりにみられる症状が同じように表れることがあります。

肩こり・噛みしめ・顎関節症の原因

肩こりの原因は姿勢の悪さ、運動不足、ストレス、眼精疲労などが原因になります。
気がつかないうちに、血行不良や筋肉減少、自律神経のバランスの乱れを招くようなライフスタイルを送ってしまっていることで肩こりが起きているのです。このような要因で、肩の筋肉が緊張して血液の流れが悪くなり、疲労物質がたまったりして、筋肉がこわばって肩こりが生じるのです。

噛みしめ・歯ぎしり・食いしばり・顎関節症の原因は、「悪い歯並び・噛み合わせ」「ストレス」などとされていますが、頬杖えや、TCH(気が付くと上下の歯を接触させる癖)が最も大きい要因と考えられます。特に、デスクワークでのPC作業やスマホなど、悪姿勢での長時間動作などは、TCH(歯列接触癖tooth contact habit:上下歯の接触癖)も惹起し肩こりと顎関節症の両方の引き金になります。

肩こりと噛みしめ・歯ぎしり・食いしばり・顎関節症に関与する姿勢や状態

猫背

いわゆる猫背になっている状態。頭部の重心が首や背中より前方にあり、頭部の重さを支えるため、肩こりに関係する僧帽筋や脊柱起立筋とともに、噛みしめ・歯ぎしり・食いしばり・顎関節症に関与する咬筋・側頭筋などの咀嚼筋群が過緊張した結果、肩こりと噛みしめ・歯ぎしり・食いしばり・顎関節症が引き起こされるようになります。

肩こり、頭痛、首こりなどの症状や、胸郭出口症候群のように腕のしびれや痛みなどの上肢の症状を併発していることもあります。男性より女性に多い傾向であり、要因としてデスクワークでのPC作業やスマホなど、悪姿勢での長時間動作などがあげられます。

体軸がズレている

頸椎(首)の中心軸と頭蓋骨の中心軸に位置のズレが認められる場合には、特に何もしなくても頸部痛(首の凝りや痛み)や頭痛を認めたり、下を見たり上を見上げるような首の動作に伴う痛みを認めます。
このような方は、顎や顎の周りの筋肉の痛みのため口を開けにくく、食事すること自体が辛くなっていることもあります。

かみしめ癖・高筋緊張型

日々の何気ない生活習慣のなかでも、かみしめたりや肩や首にも力が入り緊張でこわばってしまう習慣があり、僧帽筋や胸鎖乳突筋、咬筋群に強い筋緊張を認めます。TCH(歯列接触癖tooth contact habit:上下歯の接触癖)の状態となり、顎関節周囲の筋緊張が増悪し、症状が現れます。

顎関節症と強く関連すると思われる肩こりの特徴

ストレ-トネックとは
ストレ-トネックとは、正常では自然なS字カーブを描く首の骨が、 姿勢の悪さなどでカーブが失われ、真っすぐになっている状態

  • 片方の肩や首に強いこり
  • 左右の目尻や口角の高さが違う
  • 歯ぎしりや食いしばりがある
  • 口を開けたり、咀嚼したりすると痛みがある
  • 食べ物を左右のどちらかで噛む癖がある
  • 食べ物や飲み物を飲み込みにくい
  • 話しづらい
  • 頭痛
  • ストレ-トネック

といった症状があれば、顎関節症が肩こりの原因になっている可能性があります。

顎関節症・肩こりを治すことで得られるメリット

  • 頭痛や腰痛など身体の痛みが改善される
  • 仕事の効率がよくなる
  • 食事がおいしくなる
  • 表情が豊かになる
  • 眠りの質が上がる

肩こりの検査・治療の料金表

エコー検査
両肩 3,300円(税込)
肩こりボツリヌストキシン治療
韓国製の中でも安全性の高いFDA承認薬ナボタによる治療 両肩 33,000円(税込)
一般的で有名な厚生労働省承認薬ボトックス®による治療 両肩 55,000円(税込)
岡田先生推奨の安全・安心なドイツ製剤ゼオミンによる肩こりゼロックス® 両肩 77,000円(税込)
肩コリゼロ注射®
筋膜リリース治療
薬を使わず生理食塩水で筋膜を丁寧に剝がしアレルギーでも可能
両肩 22,000円(税込)

※肩こりの原因は様々のため、ゼロックス®、コリゼロ注射® 共に肩こりがゼロになる事を保証するものではありません。

“肩こり治療”担当医師

岡田 宇広(医師)

  • Okada Takahiro
    岡田 宇広(医師)

    東京医科大学卒業
    日本形成外科学会 専門医
    日本美容外科学会 専門医
    北里東医研 鍼灸・漢方医研修コース修了

    形成外科専門医を取得後、日本での有訴者率が極めて高い肩こりに対して関心を持ち、鍼と漢方を北里東洋医学研究所にて学ぶ。
    両コース修了後、西洋医学と東洋医学の同時アプローチによる肩こり外来を東京皮膚科・形成外科に開設。
    特に超音波エコー下の筋膜リリースでは、世界一受けたい授業に出演し、全国から肩こり相談を受ける。

    顎関節症に伴う肩こりも含めて治療できる、肩こり外来を当クリニックにて開始する。

“顎関節症・噛み合わせ治療”担当歯科医師

新谷 悟(院長)

  • Shintani Satoru
    新谷 悟(院長)

    岡山大学卒業
    前昭和大学歯学部主任教授・口腔がんセンター長
    島根大学医学部歯科口腔外科学講座 臨床教授
    富山大学医学部歯科口腔外科学講座 臨床教授
    山口大学医学部歯科口腔外科学講座 臨床教授
    中国井岡山大学口腔外科教授
    日本口腔外科学会 専門医・指導医
    日本顎顔面インプラント学会 指導医

曽我 大輔(副院長)

  • Soga Daisuke
    曽我 大輔(副院長)

    岩手医科大学歯学部卒業
    昭和大学歯学部博士課程
    顎口腔疾患制御外科学講座 修了
    日本口腔外科学会 認定医

“お知らせ”INFORMATION

  • 2022年5月2日

    肩こり外来を開始いたします

    この度、東京銀座シンタニ歯科口腔外科クリニック内に「肩こりの専門家」である岡田宇広先生にお越しいただき、肩こり外来を開始いたします。当面は月曜日のみの診療となりますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

PAGE
TOP