噛みしめ呑気症候群とは

噛みしめ・呑気症(どんきしょう)・空気嚥下症(くうきえんげしょう)とは

ゲップがよく出る。お腹が張る。緊張しすると歯をグッと噛みしめてしまう。ストレスの多いあなたは要注意です。

日常の生活の中で。無意識に、噛みしめたり、空気を飲み込んでしまうことにより、胃に空気が大量に入り込み、胃腸内にガスとして貯留することにより、胃腸障害をはじめさまざまな症状が発生するというものです。

日本ではおよそおよそ1500万人、8人に1人に見られる病気です。特に20代〜50代の女性に多いといわれています。

症状

主な症状はゲップ、胃のもたれ、胃の不快感、腹部膨満感、多量の排ガス、左上腹部の痛みといった胃腸症状の他、心臓など胸部の痛みを訴えたり、食欲不振や頭痛、肩こり、アゴや目の痛みなどの症状がでることもあります。

原因

緊張やストレスが関係していると言われており、お腹の張りなどいくつもの診療科を受診してさまざまな検査を行っても、原因は多くの場合で不明で、整腸剤や消泡剤などが処方されますが、効果はなく、そのうち症状はさらに悪化し、治療法も見つからないことが多い病気です。でいますが、下記のような食べ方の癖、話し方や呼吸の癖なども原因になります。

  • 唾液を意識して飲み込むことがある。
  • 何か違和感を感じて飲み込むことがある。
  • 早食いや遅食い(咀嚼不十分によるもの)。
  • 歯をかみしめる癖がある。
  • 後鼻漏などにより、飲み込むことがある。
  • 鼻で呼吸ができず、喋るときに飲み込むようにしてしまう。

※原因がわからない方もいらっしゃいます。

呑気症・空気嚥下症の症状自体が、ゲップやおならがでやすい、お腹が鳴るなどを周りの人に気づかれてしまうと恥ずかしいと思い、さらにストレスになることがあります。

治療

基本的には、知らない間に大量の空気を飲み込んでしまうことが病気の本態ですので、胃や腸など消化器に異変を感じるのに、胃カメラや大腸ファイバーで調べても原因がわからず、また、頭痛があるため、頭頚部のMRI撮影を行ったけれど何もわからない。治療法も見つからないのがこの病気の特徴です。

では、噛みしめ・呑気症の治療はどうすればよいのでしょうか。

噛み続ける癖の改善

つい癖で噛みしめてしまう、上の歯と下の歯を噛んでしまう人は、メモ用紙に「歯をはなす」という言葉を書いて、よく目にする場所に貼り、メモを見たら歯を離して、逆に息を吐く癖をつけます。

歯科スプリント治療

歯列接触癖を改善するための方法で当クリニックなど、噛みしめ・呑気症候群の原因・治療法を理解しているクリニックで作製が出来ます。

新谷メソッド・顎関節症 歯ぎしり 食いしばり

顎関節症・歯ぎしり・食いしばりに対するボトックス治療

新谷メソッド・顎関節症 歯ぎしり 食いしばり

About Us

命を預かる歯科口腔外科診療

口の病気には口腔癌など命に直接関係する怖い病気以外にも、心筋梗塞や脳梗塞を起こす血栓の原因である歯周病菌や、誤嚥性肺炎の原因、敗血症の原因になる病巣、骨粗鬆症の診断など命に直結する疾患や原因が多く存在します。
私ども東京銀座シンタニ歯科口腔外科は、院長である新谷悟教授の25年に及ぶ口腔外科医として心血を注ぎこむ命を預かるクリニックとして開院いたしました。

Clinic Information

  • 平日  10:00~13:00 / 14:30~19:00
  • 休診日  日曜、祝日

Zip:104-0061


Address:東京都中央区銀座1-8-14 銀座大新ビル5F


Phone:03-3538-8148

Access Map