むし歯治療

虫歯とは細菌によって歯が溶かされる病気であり、決して自然に治癒することはありません。 放置しておけばそのまま悪化してしまうため、歯科医院で細菌に侵された歯の一部分を削る必要があるのです。

虫歯は進行段階によって名称が異なり、一般的には「C0」~「C4」に分類されます。 ここでは、虫歯のメカニズムと段階別の虫歯の状態と治療法をご紹介します。

むし歯のメカニズムとは

虫歯は歯の表面に粘着したプラーク(バイオフィルム)が飲食をするたびに栄養を取り込んで酸を放出します。

プラーク(バイオフィルム)から放出された酸が「エナメル質」の中に浸透して歯を溶かし(脱灰)、硬い歯がまるで豆腐のように柔らかくなります。この歯が柔らかくなった部分を一般的に「虫歯」と呼ぶのです。

そこに虫歯菌が侵入して、さらに内部への穴の連鎖が続いていきます。これが、むし歯ができて深く進行していくメカニズムです。

むし歯は次のような4つの条件がそろった場合にむし歯になると考えられています。

  • むし歯になりやすい歯の質、歯並び、咬み合わせになっている。
  • むし歯の原因菌が旺盛な活動をしている。
  • 歯につきやすい甘いもの(糖質)を多く摂取する食習慣がある。
  • プラーク(歯垢)が歯に付着したままになっている時間が長い。

むし歯の進行と治療法

  • C1 むし歯の第一段階(軽度の虫歯)

    この段階から治療が必要になります。虫歯ができ始めの状態。患部を削って詰め物をする程度で済みます。
  • C2 むし歯の第二段階(軽度の虫歯)

    虫歯が進んで小さな穴が開いた状態。患部を削って詰め物をする程度で済みます。
  • C3 むし歯の第三段階(中度の虫歯)

    虫歯がさらに進行し、大きな穴が開いた状態。歯の根の治療をした後、かぶせ物や詰め物をします。
  • C4 むし歯の第四段階(重度の虫歯)

    歯冠が崩壊し、根っこだけが残っている状態。虫歯が根の中まで進行し、抜かざるを得ない場合もあります。

歯周病

「歯周病」とは、歯垢(プラーク)を媒体に発生した細菌によって歯肉が腫れ、 最終的には歯を支える歯槽骨が溶けて歯が抜けてしまう病気です。

30歳代を過ぎた方の90%以上が歯周病の症状を持っていると言われ、40~50歳代で歯を失う原因の約50%が歯周病によるものだとされています。

むし歯と同様に、歯周病も一度かかってしまうと自然に治癒することはありません。歯槽骨が溶け出してしまう前に早期発見し、治療すること。そして定期的な予防を行なうことが重要なのです。歯周病には以下のような症状が見られます。

歯周病の症状は?

  • 歯がムズがゆい感じがする。
  • 歯と歯肉の接しているところが赤く腫れる。
  • 歯を磨いた時に出血がみられる。
  • 歯肉から膿が出る。
  • 口臭が気になる。
  • 唾液がネバネバする。
  • 朝起きた時に口の中が気持ち悪い。
  • 食べ物が噛みづらくなる。

歯周病の進行度と治療法

  • 01 軽度歯周炎

    軽度の歯周炎は歯茎が少し赤みを帯び腫れた状態になります。軽度歯周炎の場合の目安は歯周ポケットが3~4mm程度と言われています。この段階での治療法は、プラークや歯垢をスケーリングなどで取り除き、正しいブラッシングを毎日することです。
  • 02 中度歯周炎

    中程度の歯周炎になると、口臭がおこり、歯茎が化膿します。ブラッシングをした際に膿がでることもあります。歯周ポケットは4~5mm程度です。この段階での治療法はスケーリングやレーザー治療器などを使用して治療をしますが、歯周ポケットが5 mm以上深くなるとフラップ手術をする場合があります。フラップ手術は局所麻酔後、歯茎を切開し、隠れているプラークや歯石を取り除き、歯周病の進行を止める手術を行うことがあります。
  • 03 重度歯周炎

    重度の歯周炎になると、歯がグラグラして、歯と接している歯茎がさらに腫れ、化膿が進みます。歯と歯の間が広がり、歯茎が下がって、歯が長く見えます。この段階の治療法は再生療法を用いて歯周組織の再生をはかるかことが多いです。しかし、ここまで進行すると抜歯になる可能性が高くなります。

高度入れ歯

誰でも義歯(入れ歯)にはなりたくないものです。しかし入れ歯を使わないと治せない時もあります。

義歯は痛くて噛めないとか、入れ歯は硬いものは噛めないとか、あまり入れ歯の評判は世間的に良くはありません。

しかし、お口全体の治療計画をしっかり立てて、適応症にあった義歯を選択して作ると、入れ歯でもかなりしっかり噛めるようになります。

保険の入れ歯と高度入れ歯の違い

保険の入れ歯は保険適応内で決められた範囲内の素材や製作工程で入れ歯を作っていきます。保険適応するので費用的には非常に安く済ませることができるというメリットがあります。対して高度入れ歯はよりお口にフィットする入れ歯を制作するために、保険適応外の高価な素材を使用したり、製作工程も保険の入れ歯の倍以上の工程でより精密に製作していきます。

より安い費用での入れ歯制作を求めるなら保険の入れ歯を作ることをおススメします。しかし、入れ歯をした時の不快な装着感やフィット感を求めるなら断然、より精密に製作された高度入れ歯をおススメします。

入れ歯の種類

  •  総入れ歯

    総入れ歯(総義歯)は、最初少し抵抗があるかもしれませんが、現在の総入れ歯は大変精巧なものになっており、しっかり噛めて話しやすくなります。総入れ歯が痛い、はずれやすい、しゃべりにくい、安定しないなどのお悩みがありましたら、現在使用している総入れ歯が合ってない可能性があります。当院ではひとりひとりに合った高度な総入れ歯を作ることにより、快適に噛める入れ歯を皆様にご提供できるように努めております。
  •  部分入れ歯

    部分入れ歯は、残った歯と部分入れ歯で歯がもっている本来の機能を回復するように設計され、高度の技術を持った歯科医師と歯科技工士により作製されます。部分入れ歯で重要なことは、残すことができる歯をしっかり守り続けることです。つまり、残っているご自分の歯が重要なのです。部分入れ歯自体は、たとえ残っている歯が失われても、修理をして継続して使えるように、あらかじめ設計・作製をしていますが、その部分入れ歯の性能(安定性、咀嚼能力、見た目、はずれにくさ)は、歯を失うごとに低下していきます。
    部分入れ歯に関して、いろいろな悩みをかかえておられる患者様が多くいらっしゃいます。これらのほとんどは、残っている歯が悪くなりダメになって起こることです。部分入れ歯の治療では、残された歯をいかに健康に保てるか、ということが最も重要な課題となります。

About Us

命を預かる歯科口腔外科診療

口の病気には口腔癌など命に直接関係する怖い病気以外にも、心筋梗塞や脳梗塞を起こす血栓の原因である歯周病菌や、誤嚥性肺炎の原因、敗血症の原因になる病巣、骨粗鬆症の診断など命に直結する疾患や原因が多く存在します。
私ども東京銀座シンタニ歯科口腔外科は、院長である新谷悟教授の25年に及ぶ口腔外科医として心血を注ぎこむ命を預かるクリニックとして開院いたしました。

Clinic Information

  • 平日  10:00~13:00 / 14:30~19:00
  • 休診日  日曜、祝日

Zip:104-0061


Address:東京都中央区銀座1-8-14 銀座大新ビル5F


Phone:03-3538-8148

Access Map