不正咬合が身体に与える影響

歯並びが悪い(不正咬合)と見た目だけでなく、虫歯や歯周病になりやすい原因、滑舌が悪かったり、不正咬合による頭痛の原因など身体に様々な影響を与えることもあります。

不正咬合による主な悪影響

  • 食べ物をうまく噛めない(咀嚼機能障害)
  • 食べ物をよくかみ砕けず、胃腸などの消化器に負担がかかる
  • 歯が磨きにくいため虫歯になりやすく、口臭の原因にもなる
  • 歯槽膿漏(歯周病)になりやすい
  • アゴをつなぐ顎関節に負担がかかり、顎関節症になりやすい
  • 咀嚼筋の発達に影響を与え、筋力バランスが崩れて姿勢も悪くなる
  • 言葉がはっきりとしない(発音障害)
  • 視力低下の原因になるといわれ、学力や運動能力の低下を招きやすい
  • 外見の悪さから劣等感におちいる(心理的障害)

当院で行うマウスピース矯正治療

マウスピース矯正とは、透明のマウスピースを装着し、歯を徐々に移動させる矯正歯科の治療方法です。

東京銀座シンタニ歯科口腔外科クリニックでは、この取り外せる矯正治療装置であるマウスピース矯正を導入しております。

マウスピース矯正装置を用いての治療は、お一人おひとりの治療計画にあったオーダーメイドのマウスピースを作成し、歯並びを改善していきます。

また、部分的な矯正治療の部分矯正としてもご利用できますので、隙っ歯や出っ歯など気になる部分がありましたら、お気軽にご相談ください。

マウスピース矯正の適応症例

マウスピース矯正はワイヤー(ブラケット)を装着しなくて行え、マウスピースのみで歯並びを改善するという大きなメリットがあります。ですが残念ながら、すべての矯正治療に対応できる訳ではありません。特に重度の不正咬合には適応しないため、軽度の不正咬合に適応する治療法に主に使用できます。参考として適応する症例を挙げると以下のような症例になります。

  • 1. 軽度な隙っ歯、出っ歯・上顎前突、凸凹・叢生などの不正咬合。

  • 2. 上下のかみ合わせの前後、または左右のズレが少ない不正咬合。

  • 3. 奥歯のかみ合わせの前後的なズレが少ない不正咬合。

  • 4. 歯根の移動が必要ない症例。

進化したマウスピース矯正装置「アソアライナー」

東京銀座シンタニ歯科口腔外科クリニックでは、従来よりも正確な歯牙移動を可能したAsoAligner(アソアライナー)を使用したマウスピース矯正を行います。

弾性のある素材を使用し、必要な部位にだけ矯正力を加え、歯を徐々に移動させる仕組みです。

交換の度に、新しいマウスピースを製作し、厚みの違う3種類(ソフト0.5mm、ミディアム0.6mm、ハード0.8mm)のマウスピースで矯正力をコントロールしていくので歯の疼痛を軽減させることがでます。

マウスピース矯正の利点・欠点

メリット・利点

1.取り外しが可能であり、食事や歯磨きのときは矯正装置を取り外して行うことができる。

2.透明のマウスピースなので、装着時でも目立たない。

3.治療中にホワイトニングが併用してできる。

4.出っ歯や隙っ歯といった部分的な矯正にも対応しています。

5.軽度の後戻り症例にも使用出来ます。

6.舌癖防止になり、矯正後の後戻りのリスクが減ります。

7.通常の矯正治療の最後の仕上げに使用することもできます。

8.通常のブラケット矯正治療よりも費用がかからずはじめられる。

デメリット・欠点

1.指示された使用時間を守らなくてはならない。

2.装置装着中は歯が当たらないため違和感を感じるときもある。

3.マウスピース矯正は適応できない症例もあるのでご相談ください。

About Us

命を預かる歯科口腔外科診療

口の病気には口腔癌など命に直接関係する怖い病気以外にも、心筋梗塞や脳梗塞を起こす血栓の原因である歯周病菌や、誤嚥性肺炎の原因、敗血症の原因になる病巣、骨粗鬆症の診断など命に直結する疾患や原因が多く存在します。
私ども東京銀座シンタニ歯科口腔外科は、院長である新谷悟教授の25年に及ぶ口腔外科医として心血を注ぎこむ命を預かるクリニックとして開院いたしました。

Clinic Information

  • 平日  10:00~13:00 / 14:30~19:00
  • 休診日  日曜、祝日

Zip:104-0061


Address:東京都中央区銀座1-8-14 銀座大新ビル5F


Phone:03-3538-8148

Access Map