スポーツマウスガード

スポーツをするときに、歯と口の保護を目的に装着します。

スポ-ツでは口の周りに衝撃が加わることも珍しくありません。唇・舌・頬の損傷、歯の破折、顎の骨折などの危険にさらされています。

これらの防止や軽減に役立ち、使用することでさらなるパワーアップにつながるのが、スポーツマウスガードです。

当クリニックでは歯型を精密に採取し、歯だけでなく歯肉の上まで覆う構造になっているオーダーメイドのスポーツマウスガードを製作しています。

マウスガードが必要な理由

  • 1. 顎の関節の保護

    顎関節への衝撃を緩和します。
  • 2. 外傷の予防

    歯の破折、唇や舌の裂傷など、外からの衝撃を吸収し怪 我を予防につながります。
  • 3. 顎の骨折予防

    スポーツマウスガードがクッションになり、衝撃が分散され、骨折の予防につながります。
  • 4. バランス感覚の向上・パワ-アップ・運動パフォーマンス向上

    ゴルフなど衝撃を受けないスポーツでも、装着することによって噛み合わせが補正され、パワ-アップする噛み合わせの位置に誘導されます。そのため余分な負担を軽減し、運動パフォーマンスの向上につながります。
  • 5. 心理的な安心感

    自分の歯がガードされているという安心感により、集中力のアップ、リラックス効果も期待できます。

マウスガードの使用に関して

装着が義務化されているスポーツ
  • アメリカンフットボール
  • キックボクシング
  • ボクシング
  • ラグビー
装着が一部義務化されているスポーツ
  • アイスホッケー
  • インラインホッケー
  • 空手
  • ラクロス
装着が有効なスポーツ
  • ゴルフ
  • スノーボード
  • レスリング
  • 野球
  • テニス
  • バスケットボール
  • スキー
  • ハンドボール
  • ウェイトリフティング
  • スケート
  • サッカー
  • ソフトボール
  • スカッシュ
  • バレーボール
  • スケードボード
  • バドミントン

About Us

命を預かる歯科口腔外科診療

口の病気には口腔癌など命に直接関係する怖い病気以外にも、心筋梗塞や脳梗塞を起こす血栓の原因である歯周病菌や、誤嚥性肺炎の原因、敗血症の原因になる病巣、骨粗鬆症の診断など命に直結する疾患や原因が多く存在します。
私ども東京銀座シンタニ歯科口腔外科は、院長である新谷悟教授の25年に及ぶ口腔外科医として心血を注ぎこむ命を預かるクリニックとして開院いたしました。

Clinic Information

  • 平日  10:00~13:00 / 14:30~19:00
  • 休診日  日曜、祝日

Zip:104-0061


Address:東京都中央区銀座1-8-14 銀座大新ビル5F


Phone:03-3538-8148

Access Map