リラックス麻酔

リラックス麻酔(静脈内鎮静法)とは、リラックスして眠っている間に治療が終わります。

実際に受けられた患者さんの満足度は非常に高く、怖さなどみじんも感じないうちに治療が終わってしまった、という方がほとんどです。

こんな方にお勧め

  • 口の中の手術を受ける方(インプラント・親知らずの抜歯・歯周病の手術など)
  • 歯科治療が嫌いな方
  • 歯科治療中に具合の悪くなる方(歯科恐怖症)
  • お口の中に物が入ると「オエッ」となる嘔吐反射の強い方...など

リラックス麻酔の流れ

  •  点滴

    まず静脈から点滴をします。場所は主に腕ですが、患者さんによっては手の甲など他の部分にすることもあります。点滴を始めると、間もなくリラックスした状態になってきます。
  •  精神安定剤を注入

    患者さんの様子を見ながら精神安定剤を注入していきます。間もなくリラックスした状態になってきます。体が温かくなってきて、ちょうどいい湯加減の温泉につかっているような、あるいは、快適なベッドの中でぬくぬくとまどろんでいるような感じになります。
    その後、1~2分もすると眠気が強くなってきて、ついには眠ってしまいます。患者さんによって、意識を残すこともあります。
  •  局所麻酔

    患者さんが完全にリラックスした後で、必要に応じて局所麻酔を行います。
  •  リラックス麻酔下の治療

    治療に伴う痛みや不快な音などは、まったくといっていいほど気にならなくなり、文字通り「いつの間にか治療を終えてしまう」といった状態になります。術中のことを全く憶えていない患者さんも少なくありません。
    治療がスタートした後も、患者さんの心拍や血圧などのデータをリアルタイムでチェックしながら、万一の場合に備えます。
    意識を残した場合は、声をかけられればちゃんと反応します。うとうと眠ってはいるけれど、答えることができるというわけです。

当院での無痛治療

痛みを感じないように治療する方法。

  •  麻酔による治療

    歯ぐきにジェル状の「表面麻酔剤」を塗ってから、そこに注射針で「局所麻酔」を施します。 注射の針は極細です。かつては、刺すときにちくっと感じていましたがが、今はそれもまずありません。注射の方法も進化しています。麻酔液を、電動で少しずつゆっくり注入していく場合は、歯ぐきへの圧迫を最小限に抑え、少量で効率よい麻酔が可能です。費用は、保険適用です。
  •  笑気吸入鎮静法

    鼻から笑気ガス(医療用ガス:リラックスして楽しく笑う気分になることからこの名前が付きました)を吸い込むと、リラックス気分になって痛みへの恐怖心が緩和され、鎮痛効果もあります。数分で元の意識に戻ります。自費で、3,000円~です。
  •  リラックス麻酔

    静脈内鎮静法による麻酔となります。

ストレスフリーの歯科治療

怖くない、ストレスのない口腔外科手術・一般歯科治療

ストレスフリー歯科治療

About Us

命を預かる歯科口腔外科診療

口の病気には口腔癌など命に直接関係する怖い病気以外にも、心筋梗塞や脳梗塞を起こす血栓の原因である歯周病菌や、誤嚥性肺炎の原因、敗血症の原因になる病巣、骨粗鬆症の診断など命に直結する疾患や原因が多く存在します。
私ども東京銀座シンタニ歯科口腔外科は、院長である新谷悟教授の25年に及ぶ口腔外科医として心血を注ぎこむ命を預かるクリニックとして開院いたしました。

Clinic Information

  • 平日  10:00~13:00 / 14:30~19:00
  • 休診日  日曜、祝日

Zip:104-0061


Address:東京都中央区銀座1-8-14 銀座大新ビル5F


Phone:03-3538-8148

Access Map