怖くない、ストレスのない、歯科治療・抜歯・口腔外科手術

笑気吸入鎮静法と静脈鎮静法

歯科医療が、怖くて痛いが当たり前の時代から、痛くない、怖くないストレスのないリラックスした状態で歯科治療や口腔外科手術を受けるのが当たり前になってきています。

笑気吸入鎮静法は患者さんにストレスなく治療を受けいただく=患者さんを大切にする意味から、歯科医療に欠かせないものです。

患者さんにやさしい歯科治療のために

  • 1.「歯科治療が嫌だな」と感じない
  • 2.ストレスから患者さんを守る(治療中の患者さんの精神の安静を保障)

鎮静法について

  • 1. 鎮静された患者さんの状態について

    ・鎮静法により中枢神経の機能は抑制されますが、呼吸、循環、反射機能を抑制することはなく、あくまで患者さんの意識は保たれます。
    ・患者さんは恐怖心や不快感などの精神的ストレスから解放され、穏やかな表情され、リラックスした状態になります。
    ・時間の経過をあまり気にしなくなり、治療時間が長くても治療を受け入れることができます。
    ・実際に、おおむねお酒を飲んだときのほろ酔い気分に似た多幸感があります。
  • 2. 鎮静法は全身麻酔ではありません

    全身麻酔は、患者さんは意識を消失し、自分で呼吸もしていない状態(人工呼吸器で呼吸し、モニターで状態を管理する)になります。
    鎮静法は患者さんの意識を消失させません。また、呼吸器系や循環器系は、抑制されず安定しています。使用する薬剤も少量であり、肝臓や腎臓に対する影響はほとんど問題ありません。

笑気吸入鎮静法

笑気吸入装置で30%以下の低濃度笑気と70%以上の酸素を混合し、専用の鼻マスクで患者さんに鼻から吸入していただきます。笑気はほのかに甘い香りで、違和感なく気持よく吸入できます。吸入された笑気は、肺から血中に急速に溶け込み、5分以内に鎮静状態になります。逆に、血中からの排泄も非常に速く、笑気の吸入濃度を変えることによって鎮静度をコントロールすることが可能で、笑気の吸入を停止すれば、速やかに鎮静状態から回復します。そのため、治療終了後は、患者さんは、数分で帰宅することができます。

笑気吸入鎮静法を受けた患者さんの感想

笑気吸入で体が暖かくなり、体が軽くなってきます。また、遠くの方で音がするような感じがし、ぼんやりした非常に心地よい楽しい気分になり、体が重く感じたり、逆に軽く感じたりして、痛み感覚も鈍くなってきます。

笑気鎮静法は

歯科治療や口腔外科手術が怖い人以外でも、

高齢者(機能低下、予備力低下があり、ストレスによって異常を来たす可能性のある方)

高血圧、心疾患を持つ患者さんに対し、

精神的ストレスを極力除き、酸素の投与により、心筋が低酸素状態になって、不整脈が発生するのを防ぐなど、安全な歯科治療を行う上できわめて有益な対策といえます。

About Us

命を預かる歯科口腔外科診療

口の病気には口腔癌など命に直接関係する怖い病気以外にも、心筋梗塞や脳梗塞を起こす血栓の原因である歯周病菌や、誤嚥性肺炎の原因、敗血症の原因になる病巣、骨粗鬆症の診断など命に直結する疾患や原因が多く存在します。
私ども東京銀座シンタニ歯科口腔外科は、院長である新谷悟教授の25年に及ぶ口腔外科医として心血を注ぎこむ命を預かるクリニックとして開院いたしました。

Clinic Information

  • 平日  10:00~13:00 / 14:30~19:00
  • 休診日  日曜、祝日

Zip:104-0061


Address:東京都中央区銀座1-8-14 銀座大新ビル5F


Phone:03-3538-8148

Access Map