フコイダン療法

「フコイダン」とは、モズクやメカブ、昆布などの褐藻類などのヌルヌル成分の中に含まれる多糖類のことです。海藻類の中のヌルヌル成分の中に多く含まれることが判ったのが「フコイダン」で、乾燥重量の約4%含まれます。

「フコイダン」は、硫酸化多糖類の仲間で海藻の種類によっても異なってきますが、モズクには特に「硫酸化フコース」「フコース」が多く含まれているといわれ、この「硫酸化フコース」「フコース」が、癌(がん)に対して有効であることが判ってきました。癌(がん)治療で一般的に使われる抗がん剤は、癌(がん)細胞にもダメージを与える反面、同時に正常細胞にも 多くのダメージを与えてしまいます。

「フコイダン」は、正常細胞をより強化(免疫力強化、マクロファージの活性化、NK細胞の増強活性化)し、同時に癌(がん)細胞 に対してのみ増殖抑制する可能性を持っています。更に癌(がん)の抑制ではなく、癌(がん)細胞自体を死に追いやっていくことも基礎的な研究で示され始めました。

「フコイダン」の医学的なメカニズムは、全てが解明されているわけではありませんが、明確になってきているものは、以下の3つが挙げられます。

  • 1. 癌(がん)細胞に対するアポトーシス作用

    私たち人間の身体は、細胞で構成 されており、細胞は新陳代謝によって常に新しい細胞に、入れ替わっています。正常細胞は、一定期間を過ぎると自らが死を選んで死んでいくように遺伝子の情報の中に組み込まれています。このように細胞が自ら死を選んで死んでいく作用 のことを医学用語でアポトーシスと言います。
    しかし、癌(がん)細 胞はこのアポト-シスを起こさずに死ぬことがなく、増え続けるのです。そそ癌(がん)細胞を自殺に追い込む可能性が「フコイダン」にあるという研究結果が出てきています。
  • 2. 免疫力強化

    癌(がん)細胞の増殖を免疫能を上げることで、抑えることがフコイダンにあることが研究によりわかってきています。
  • 3. 新生血管抑制

    癌(がん)細胞は異常に増殖するため栄養が必要で自ら血管を生き残るために細胞の周りに呼び込みます。それを抑える効果がフコイダンにあることが報告されてきています。つまり、フコイダンが、癌(がん)による新しい血管を作らせず、結果的にがん細胞の内部に栄養が行かなくなり、内部から壊死していくということになります。

右側歯肉頬粘膜扁平苔癬

フコイダン著効例

  • #
    フコイダン投与 前日
    BEFORE
  • #
    フコイダン投与 1ヶ月後
    AFTER

右側舌白板症

67歳女性 フコイダン有効例

  • #
    フコイダン投与 前日
    BEFORE
  • #
    フコイダン投与 1ヶ月後
    AFTER

右側紅板症

72歳女性 フコイダン有効例

  • #
    フコイダン投与 前日
    BEFORE
  • #
    フコイダン投与 1ヶ月後
    AFTER

左側歯肉頬粘膜扁平苔癬

75歳女性 フコイダン著効例

  • #
    フコイダン投与 前日
    BEFORE
  • #
    フコイダン投与 1ヶ月後
    AFTER

About Us

命を預かる歯科口腔外科診療

口の病気には口腔癌など命に直接関係する怖い病気以外にも、心筋梗塞や脳梗塞を起こす血栓の原因である歯周病菌や、誤嚥性肺炎の原因、敗血症の原因になる病巣、骨粗鬆症の診断など命に直結する疾患や原因が多く存在します。
私ども東京銀座シンタニ歯科口腔外科は、院長である新谷悟教授の25年に及ぶ口腔外科医として心血を注ぎこむ命を預かるクリニックとして開院いたしました。

Clinic Information

  • 平日  10:00~13:00 / 14:30~19:00
  • 休診日  日曜、祝日

Zip:104-0061


Address:東京都中央区銀座1-8-14 銀座大新ビル5F


Phone:03-3538-8148

Access Map