ピエゾサージェリーとは

Minimally invasive Oral & Maxillofacial surgery with ultrasound bone cutting equipment

ピエゾサージェリー(超音波骨切削器具による骨外科)は、トマソ・ベルセロッティによって考案された、三次元超音波振動を利用する超音波骨切削器具で骨を低侵襲に切削する方法です。

従来の方法に比べて、骨切削部分の長さ・深さを正確にコントロールすることが可能になり、神経や血管などの軟組織を傷つけず安全に骨だけを切削することができます。

東京銀座シンタニ歯科口腔外科では、インプラント治療や口腔顎顔面外科手術ならびに骨移植などの処置で、低侵襲(患者さんの体にやさしく、ダメージが少ない)処置を心がけており、このピエゾサージェリーもその一つということになります。

ピエゾサージェリーの特徴

  • 痛みがない
  • 腫れない
  • 出血がない
  • 治癒が早い
  • 傷・組織欠損が小さい
  • 歯が保存できる

従来の回転器具と比べると軟組織を傷つけることなく、また骨へのダメージも少なく、正確に最小限の骨を安全に削ることができるので、よりよい治療を施すことが可能です。

ピエゾサージェリーによる低侵襲治療

低侵襲治療とは、患者さんの体にやさしく、ダメージが少ない治療です。

  • 抜歯
  • 下顎隆起除去術
  • インプラント関連手術(サイナスリフト、スプリットクレスト、骨採取)
  • 顎骨嚢胞、歯性上顎洞炎における歯根端切除
  • 顎変形症
  • 顎骨腫瘍(歯肉がんなど)
  • 顎関節腫瘍、顎関節強直症

抜歯における超音波骨切削機器の利点

低侵襲治療とは、患者さんの体にやさしく、ダメージが少ない治療です。

  • 頬側の骨壁が薄い症例で歯槽骨を保つことができる
  • 骨性癒着の抜歯で歯根表面を切削でき、抜歯が可能
  • キャビテーション効果で止血するため術野が保てる
  • 下顎管の付近での根尖の抜歯

下顎隆起の除去における応用

  • 術前
  • 術後

その他の手術におけるピエゾサージェリーの活用

インプラント外科や歯根端切除術、顎変形症の手術、腫瘍切除、顎関節の手術などにも有用です。

  • 顎骨嚢胞・歯性上顎洞炎における歯根端切除術

  • オトガイ形成術への応用

  • 上顎骨形成術Wassmund法への応用

  • 顎骨腫瘍切除への応用

  • 顎関節手術への応用

超音波骨切削機器を用いた手術の特徴

  • 菲薄な骨でも破損することなく、高い精度の骨切りが可能である。
  • 骨切り線が曲線を描く場合でも、容易な骨切りが可能である。
  • 血管、神経あるいは粘膜など軟組織の損傷が少ない。
  • 厚い皮質骨の切断には長時間を要する。
  • 狭い術野での硬組織の削除が可能になる。
  • 出血のコントロ-ルが可能になる。

当院がピエゾサージェリーを導入した理由

今まで記載してきたように、ピエゾサージェリーによる繊細な施術は、インプラント、歯周外科、口腔外科手術などにおいて施術の安全性と的確な骨切削と患者さんにやさしい低侵襲治療の実践が可能です。より欲を求めて。

About Us

命を預かる歯科口腔外科診療

口の病気には口腔癌など命に直接関係する怖い病気以外にも、心筋梗塞や脳梗塞を起こす血栓の原因である歯周病菌や、誤嚥性肺炎の原因、敗血症の原因になる病巣、骨粗鬆症の診断など命に直結する疾患や原因が多く存在します。
私ども東京銀座シンタニ歯科口腔外科は、院長である新谷悟教授の25年に及ぶ口腔外科医として心血を注ぎこむ命を預かるクリニックとして開院いたしました。

Clinic Information

  • 平日  10:00~13:00 / 14:30~19:00
  • 休診日  日曜、祝日

Zip:104-0061


Address:東京都中央区銀座1-8-14 銀座大新ビル5F


Phone:03-3538-8148

Access Map