温熱療法

口腔癌に対する新しい治療戦略のひとつとして、切らずに治す治療方法である温熱療法をご紹介します。

温熱療法のがんに対する効果のメカニズム

温熱療法には、全身加温法と局所加温法がありますが、当クリニックで開始する臨床研究も含め、局所療法が効果的であると考えます。

さらに、温熱などの刺激によってつくられる熱ショックタンパク質は、がん細胞の目印(抗原提示能)を引き出す作用があることから、温熱療法でがん細胞を温めることで、がん細胞と正常細胞との区別がつきやすくなります。

しかも熱ショックタンパク質はがん細胞を撃退する免疫細胞を活性化させるため、がんに対する自己免疫力の高まりが期待できます。

加温法の種類としくみ

全身加温法

人工の管を血管につないで血液を体外に取り出し、45℃くらいに加温して体内に戻す体外循環を行ないます。がんが全身に転移した場合に適した方法ですが、かなりむずかしい操作が必要です。

局所加温法

がん組織内に加温針を挿入する組織内加温や電磁波をあてて加温する方法などがあります。電磁波による加温は、電子レンジでと同じ原理で、がん組織をはさんで体外に一対の電極を置き、その間に電磁波を流し加温する方法です。食道がん脳腫瘍などの癌では、がん組織内に加温針を挿入する組織内加温も行なわれています。そのほか、部位によっては加温するために、温水やレーザー、超音波などが用いられることもあります。

当クリニックで臨床研究として行われる口腔癌に対する温熱療法は、がん組織内に加温針を挿入する方法で、その加温針、加温方法、加温設定などが新しくその効果が期待できます。

温熱療法はどんながんに効くか

温熱療法は、外科療法、放射線療法、化学療法などを補助する集学的治療の一環として効果をあげており、おもに進行がんや再発がんを防ぐために用いられています。

比較的温めやすい部位にある、乳がん、皮膚がん、胸部のがん、子宮頸がん、膀胱がん、直腸がん、四肢の軟部腫瘍などによく使われます。

そして口腔癌を含む頭頸部がんとその頸部リンパ節への転移病巣は、直接的に加温でき、その効果を目で確かめられることから非常に良い適応と考えます。口腔がんは体の表面に近いため、放射線療法と併用された場合には、放射線だけで治療した場合より、2倍の縮小効果があると考えられています。

温熱療法のメリット・デメリット

がん温熱療法の効果(メリット)
  •  患者の身体への負担が少ない

    手術などのように臓器を切除せずに温存できるため、患者の身体への負担が少なくてすみます。
  •  高齢者や手術が難しいケースにも適応

    癌が、手術で採りきるのが難しい場所や大きく広がっており手術の適応ではない場合や、心臓などの持病がある高齢者のように体力が落ちて手術できない患者さんであっても、治療を受けることができます。
癌温熱療法の副作用
  •  患者の身体への負担が少ない

    副作用はほとんどありませんが、治療中に、とても熱く感じたり、皮膚表面に軽いやけどをすることがあります。後遺症はほとんどないといわれています。中には治療後に病巣があった部分が痛んだり、皮膚がひきつれることがあります。また、皮膚に近い場所では火傷のような皮膚炎が起こることがあります。
    口腔がんでは、いずれも現在のところ健康保険は適用されておらず、一般的にこの治療法を受けることはできません。東京銀座シンタニ歯科口腔外科クリニックでは、有償臨床研究として実施しています。リンパ節への転移へも適応されますが、肺などへの遠隔転移巣には行うことができません。

口腔癌における温熱療法に関する研究成果

  • 2450MHz マイクロ波による口腔癌の温熱療法の試み. 日本口腔外科学会雑誌, 1987.
  • Implant Heating System による口腔悪性腫瘍に対する組織内温熱療法ハイパーサーミア学会誌, 1990.
  • 家兎 VX2 癌に対する加温処置の抗腫瘍効果ならびに病理組織学的変化に関する研究. 日本口腔外科学会雑誌, 1990.
  • 温熱療法を併用した逆行性超選択的動注化学放射線療法が著効した上顎歯肉癌 N3 の 1 例. 日本口腔腫瘍学会, 2010.
  • 頭頸部癌における温熱・化学併用療法に関する基礎的研究. 耳鼻と臨床, 1995.
  • RF 誘電加温における金属および顎骨の影響に関する研究. 日本口腔外科学, 1989.
  • ヒト口腔癌ヌードマウス移植系におけるエピネフリン併用温熱療法の効果. 歯科医学, 1997.
  • 口腔癌温熱療法のための針インプラントによる VLF 誘導加熱法. 日本ハイパーサーミア学会誌, 1987.
  • ヌードマウス移植ヒト口腔癌に対する CDDP 併用局所温熱化学療法の抗腫瘍効果. 歯科医学, 1993.
  • ヒト口腔癌ヌードマウス移植系におけるエタノール局注併用局所温熱療法の効果. 歯科医学, 1995.
  • 進行口腔癌の頸部リンパ節転移 (N2, 3) に対する逆行性超選択的動注法を用いた温熱化学放射線療法. Thermal Medicine, 2012.
  • TS-1 による化学療法と温熱放射線療法が著効した後発頸部リンパ節転移の 1 例. 日本口腔腫瘍学会, 2010.
  • 口腔癌細胞に対するドセタキセルの温熱増感効果. 歯科薬物療法, 2013.
  • 進行・再発下顎歯肉癌 6 例に対する温熱化学放射療法. 2004 - dspace.lib.niigata-u.ac.jp
  • Treatment of Adenoid Cystic Carcinoma of the Mexillary Sinus with Hyperthermia. 口腔腫瘍学会, 1992.
  • Combined treatment for two advanced carcinomas of the buccal mucosa with local hyperthermia. 日本口腔腫瘍学会, 1991.
  • Experimental Study on Effects of Interstitial Hyperthermia Treatment on Oral Malignant Tumors Using an Implant Heating System. Histopathological Changes in …日本口腔科学会雑誌, 1991.
  • The Response and Indication of Intestitial Hyperthermia for Head and Neck Cancer Using Implant Heating System. 頭頸部腫瘍, 1991.

当院ではご相談のみを受け付けております

治療が必要な際には信頼のできる医療機関をご紹介しております

About Us

命を預かる歯科口腔外科診療

口の病気には口腔癌など命に直接関係する怖い病気以外にも、心筋梗塞や脳梗塞を起こす血栓の原因である歯周病菌や、誤嚥性肺炎の原因、敗血症の原因になる病巣、骨粗鬆症の診断など命に直結する疾患や原因が多く存在します。
私ども東京銀座シンタニ歯科口腔外科は、院長である新谷悟教授の25年に及ぶ口腔外科医として心血を注ぎこむ命を預かるクリニックとして開院いたしました。

Clinic Information

  • 平日  10:00~13:00 / 14:30~19:00
  • 休診日  日曜、祝日

Zip:104-0061


Address:東京都中央区銀座1-8-14 銀座大新ビル5F


Phone:03-3538-8148

Access Map